鍼灸整骨院縁からのお知らせ

足裏の痛みでお困りの方へ!

2015年07月20日

吹田市・摂津市の方やご来院頂いてる皆様へ

 

こんにちは院長の岡本です。

 

 最近、当院では歩くと足裏の踵寄りが痛むとか足裏に体重が掛かったり、靴があたるだけで痛むなどのご相談が多いです。

原因は、「足の裏の筋肉が硬くなった」ことにあります。筋肉が硬くなる要因は「強い衝撃を足の裏に繰り返し与えている」や「日常生活による疲労の蓄積」が考えられます。

どんなに良い治療をしても日常生活やスポーツで筋肉に負担をかけているとなかなか痛みは治りません。せっかく筋肉を柔らかくしても練習で硬くしてしまい、一進一退の治療になってしまうからです。立ち仕事や営業など日々歩くお仕事をされている方は、休むことが難しいと思いますが、もし一定の期間休める状況を作れるのであれば作って下さい。もし、スポーツをおこなっているのであれば、治療中はスポーツは控えた方がいいでしょう。足裏の痛みは自転車のタイヤがパンクしている状態だと思って下さい。自転車のパンクを直す時に自転車を走らせながら直す人はいないと思います。一度、自転車を止めてから直した方が早く、確実に直すことが出来ます。

 

当院では、足裏の血流を促進させるために、患部に強い刺激を与えないような足裏マッサージだけではなく、ふとももやふくらはぎのマッサージやストレッチを重点に行っております。その他にも疼痛物質を排除するための特殊電気治療や足裏への衝撃を減らすための足底サポーターの装着、テーピング、身体のゆがみ調整なども場合によってはご提案させて頂いています。                       ご自宅でも足裏を温めることをおすすめしています。

 

足裏の痛みが続くと膝や腰にも悪影響を及ぼす可能性がありますし、ひどい時は肩こりや頭痛にもつながりますので、早めの治療や予防をオススメします。

 

◆日曜日の治療も受付していますので、午前中までにご連絡お待ちしております!!

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちら

鍼灸整骨院 縁

〒564-0001 大阪府吹田市岸部北4-25-21

お問い合わせ電話番号は06-7503-4021

予約フォーム

トップへ戻る