鍼灸整骨院縁からのお知らせ

『筋肉の痛み』を早く軽減したい方へ!日曜日も受付!

2017年10月6日

吹田市・摂津市・茨木市の方や来院頂いてる皆様へ

吹田市岸部北で開院しております『鍼灸整骨院 縁(えにし)』です

 

『筋肉の痛み』でお困りの方へ

当院では、治療効果のアップさせるために手技やテーピング固定に加え、特殊電気治療鍼灸治療を導入していますので、早く痛みを軽減させたい方は是非、当院までご相談下さい。

 

【特殊電気治療】

ハイボルテージ療法(Hi-Voltage)高電圧電気刺激療法

高電圧(150V以上)で短時間に加えられたツインピーク波形の電気刺激が、皮膚に抵抗を与えずに深部組織まで到達。疼痛の軽減や血流量増大、治癒促進などに利用できます。

 

◆マイクロカレント療法

・人体に存在する電流に似た微弱な電流を体内に流すことで、傷ついた組織に刺激を与え、損傷組織の治癒。極めて弱い電流のため、ほとんど体感が無く、神経や筋を興奮させません。スポーツ後のクールダウンや筋肉痛の軽減、損傷部位の鎮痛・治癒促進に有効です。

 

【肉ばなれとは・・・筋肉の一部が裂けること】

肉ばなれは、急に全速力で走ったりジャンプしたりする動作によって筋肉が強く収縮されることで起こります。筋線維という筋肉を構成している線維状の細胞の一部が損傷してしまう状態です。

このように、筋肉の一部や筋膜が断裂することを「筋損傷」や「筋膜損傷」と言い、これを「肉ばなれ」と呼んでいます。一方、筋肉が完全に断裂してしまう状態を「筋断裂」と言います。このような肉ばなれは、太ももやふくらはぎに発生しやすいのが特徴です。

 

【肉ばなれが起きやすい状況・部位・年代は】

肉ばなれが起きやすいのは、スポーツをしている時です。特に短距離走のスタートダッシュやジャンプといった瞬発的な動きをした際に発生するケースが多くなっています。

肉ばなれは太ももの裏にもっとも起きやすいといわれています。他に太ももの前面や内側、ふくらはぎも肉ばなれを起こしやすい部位です。

太ももの肉ばなれは20代を中心とした若年層に発生しやすいという特徴があります。それに対し、ふくらはぎの肉ばなれは年齢に関係なく発生しているようです。

 

【筋肉痛との見分け方】

筋肉痛とは運動をすることによって起る筋肉の痛みのことです。一般的に筋肉痛は運動をした数時間から翌日・翌々日に起こることから「遅発性筋肉痛」といわれています。                       筋肉痛は、そのまま様子を見ていればだいたい運動後3~6日程度で痛みは治まってきます。痛みが激しく、動かすのもつらい場合、筋肉痛ではなくケガ・肉ばなれや骨折の可能性が考えられます。

お問い合わせはこちら

鍼灸整骨院 縁

〒564-0001 大阪府吹田市岸部北4-25-21

お問い合わせ電話番号は06-7503-4021

予約フォーム

トップへ戻る