鍼灸整骨院縁からのお知らせ

ゴールデンウイークの受付について!

2022年04月25日

休診日は火曜日と祝日となっております。

【休診日】・・4/29(金・祝)・5/3(火・祝)・5/4(水・祝)・5/5(水・祝)

◎4/30(土)・5/1(日)・・・8:30~12:00で受付

◎5/2(月)・・・8:30~12:00/14:30~20:00で受付  

患者様に知っておいて! 【5】

2022年03月16日

『筋肉の柔軟性は高いほどいい。』

筋肉がなくてはケガをする。

柔軟性が高いということは、関節の可動域が大きいということになります。そして、可動域が大きければ、それを動かすために、大きな力が必要となります。つまり、柔らかいことだけが先行してしまうと、筋力が伴わずにケガをしてしまう恐れがあります。関節がルーズになりやすく、脱臼などをしてしまったりする可能性が出てきます。バレエダンサーや力士は柔軟性に富んでいますが、それに見合った筋肉もついています。だから、あのようなダイナミックな動きが可能になります。ただ柔らかいというだけではダメで、柔軟性と筋肉量のバランスが大切となります。

患者様に知っておいて! 【4】

2022年02月4日

『ストレッチは入浴20分以内にやれば、効果大。』

するなら、温まっている入浴直後に!

入浴後は、体がほっこりと温まって血流も良くなります。ストレッチや体操には絶好のタイミング。と思えそうなんですが、これがなかなか難しいことがあります。人の身体は体温が上昇すると、それを下げようとします。お風呂から出て20分ぐらい経つと、本人が思っている以上に体は冷えてきます。ここでストレッチをしても、筋肉は収縮していて、血流は悪くなっていますから、逆にあまり効果が上がりにくい場合があります。タイミングが一番いいのは、入浴した直後がおすすめです。また、気持ちよく筋肉を伸ばすことができるので続けやすいです。

患者様に知っておいて! 【3】

2022年01月27日

『筋肉は、20秒以上伸ばすと柔軟になります。』

深く、ゆっくり 5呼吸 してみて!

ストレッチでは、ポジションを決めることが非常に重要。伸ばしたい筋肉が、本当に伸びているかを確かめるのには、ちょっと姿勢を変えたりして10秒ほどかかります。それを見つけてから、ようやくストレッチに入れますので、まず目的の筋肉が伸びているのかを確認!その後でしっかりとストレッチを行って下さい。                                 伸ばす時間は、秒単位で考えないで! 『イチ、ニイ、サン・・・』と数えているとき、息が止まってしまっては逆効果になります。深くゆっくりと、吸って吐く。5呼吸すれば、時間はさほど関係なく筋肉は柔軟になっていきます。

患者様に知っておいて! 【2】

2021年11月15日

マッサージやストレッチの効き目を痛みで判断してはいけない。

マッサージやストレッチを受けたとき、痛みを効き目のバロメーターにされる方がおられます。

しかし本来、痛みは、正常ではない状態を知らせる危険なサイン。

ヒトはそれを感じると対抗しようとする。筋肉が収縮しだします。

これでは、いくらやっても、ほぐすことはできなくなります。さらに、痛みの感覚は、繰り返すうちに、どんどん鈍化してしまいます。強く指圧されても満足できなくなってしまいます。

マッサージやストレッチは痛くなくても身体には十分反応して効いてくれます。

「強い刺激」により、筋肉繊維を傷つけてしまい、炎症反応により逆効果になってしまう事もありますので、施術者に相談してみて下さい。

患者様に知っておいて!【1】

2021年11月2日

施術(マッサージやストレッチ)後は動かすことが重要。

凝りは、筋肉が固まり、血流が阻害されることで起きる。それを揉みほぐして、正常な状態にするのがマッサージやストレッチです。

しかし、施術が終わった後、そのまま放置しておくと、身体は元の状態に戻ろうとしてしまいます。ですので、施術後すぐに眠ってしまうのはもったいない。

すなわち、施術後凝っていた場所を動かすことが大切です。

肩が凝っていたなら、施術後にしばらくグルグル回すのでもいいので動かすことで、さらに血流が良くなって、小さくなっていた関節可動域も広がっていきやすくなります。

関節や筋肉の痛みが軽減しない方へ

2021年03月2日

関節を動かすと何処かに痛みがあって、レントゲンでは骨に異常が見つからない場合は、神経や筋肉の炎症が原因かもしれません。

当院では、マッサージや鍼灸以外に『マイクロカレント療法』によって痛みが軽減されている患者様がおられます。

『マイクロカレント療法』とは、人体に存在する電流に似た微弱な電流を体内に流すことで、傷ついた組織に刺激を与え、損傷組織の治癒を促進。極めて弱い電流のため、ほとんど体感が無く、神経や筋を興奮させません。スポーツ後のクールダウンや筋肉痛の軽減、損傷部位の鎮痛・治癒促進に有効です。

【男子高校生・陸上部】

陸上部の練習(中距離走)で足関節前面に痛み発生。いくつかの医療機関で検査・治療してきたが1年経っても走ると痛みがあったが、当院で『マイクロカレント療法』を2週間程集中治療した結果、走っても痛みが以前程発生しなくなっている。

【男子小学生・野球部】

野球部の練習(バッティング練習)で手関節と肘関節に痛み発生。レントゲンでは異常が見つからず、練習量を減らしてテーピングやサポーターで様子をみていたが痛みの軽減なかったため、当院に来院されました。『マイクロカレント療法』を1週間集中治療してみた結果、半分以下まで軽減、3週間後にはほとんど痛みがなくなりました。

◆『マイクロカレント療法』では効果がみられなかった方もおられます。

皆様には、とりあえず1週間集中治療して効果具合を診させていただいております。

新型コロナウイルス対策実施中!

2020年04月9日

患者様へのお知らせ!

新型コロナウイルス対策について・・・

 

当院では予約制のため、混雑することなく、ゆったりとした空間で施術を行っております。

また、下記の対策も実施しておりますので、お身体に不調がある方はお気軽にご相談下さい。

 

耳鳴りでお困りの方へ!

2019年09月7日

吹田市岸部北で開院しております

鍼灸整骨院 縁(えにし) です。

 

 

当院では、特に6月~8月にかけて「耳鳴り」・「めまい」でお困りの患者様が多く来院されました。

その方によって、原因はさまざまですが、共通して頚から肩にかけての血行不良により耳たぶのうしろから首すじにかけての筋肉の緊張が発生していました。

 

◆下記の項目にあてはまる数が多い方は要注意です。

●慢性肩こりでつらい

●頭痛が治らない

●こめかみ周辺を押すと痛い

●眼精疲労でつらい

●同じ姿勢が続くことが多い

●体が固い(特に上半身)

●イライラすることが多い

●運動不足である

●背中に手がまわらない

 

 

【耳鳴りの治療】

「マッサージ」や「はり・きゅう」でツボ・筋肉などを刺激することで身体のバランスが調整され、機能が回復していきます。

①血行促進

②自律神経の調節

③筋肉緊張の弛緩

④ストレスの軽減

⑤疲労の回復

⑥内蔵機能の復調

⑦免疫機能の調整

 

◆当院で受診された方の症例◆

【40歳男性】 1年前から右耳鳴りが定期的に発生し始め、耳鼻科に通院されていたが耳鼻科の先生から鍼灸整骨院で血行促進の治療を勧められて、7月から当院での治療開始(週1回ペース)。 首から肩、肩甲骨周囲の筋肉の緊張が強くあったため、筋肉の弛緩治療から始め、首から耳周りの圧痛点を指圧し血行促進していくうちに、8月中旬から耳鳴りの発生頻度が減っていきました。最近ではほとんど耳鳴りがない状態になっているみたいです。仕事でデスクワークが多く同じ姿勢が続くので、仕事の合間に肩や肩甲骨を大きく回す体操をしてもらっています。

 

【84歳女性】 3年前から突然右耳鳴りが発生、耳鼻科に2年ぐらい通院されていたが効果がみられず、3月から当院に来院され治療開始(週2回ペース)。家族のことで心配事が増えてから体の調子が悪いみたいだったので、自律神経の調整や血行促進を重点に治療していきながら、耳周囲のツボにはり治療を時々加えていくうちに発生頻度が減り、6月頃にはほとんど気にならない状態で今も予防のため通院されています。

 

◆◆「耳鳴り」・「めまい」・「頭痛」でお困りの方へ

はり治療が苦手な方は、はり治療以外でも対応可能ですので、お気軽にご相談下さい。

 

 

【予約方法】

●電話で予約(06-7503-4021)

対応時間帯

月・水・木・金・・・8:30~12:00/14:30~20:00  土・日・・・8:30~12:00

 

●24時間メールで予約(enishi210@leto.eonet.ne.jp)

●24時間オンライン予約

 

 

【料金】

20分施術・・・2,000円

30分施術・・・3,000円

※初回だけ初診料として1,000円加算されます。

鍼灸治療で免疫力を強くし病気のなりにくい身体を作ります。

2019年05月17日

こんにちは!

吹田市岸部北で開院しています

『鍼灸整骨院 縁(えにし)』です。

 

◆はり治療をすることで、どういう変化が身体に起こるのか、簡単にお伝えしたいと思います。

①免疫力を強くし、病気になりにくい身体になっていきます。

②自律神経を整え、心身ともに元気で健康な身体になっていきます。

 

◆免疫力の低下はなぜ起こるのか?

免疫力とは、私たちの体に本来備わっている、体を守る防衛機能のことですす。

・暴飲暴食などの食生活の乱れの

・睡眠不足による疲労の蓄積と自律神経のバランスの乱れ

・ストレス

・加齢

・寒さや乾燥などの外部的要因

などで機能が低下すると言われています。

 

◆免疫力をアップするために、とりあえず心がけてほしいのは・・・

・体を冷やさないこと

・質の良い睡眠をとる

 

◆免疫力低下を放っておくと・・・

・ちょっとしたことで疲れを感じるようになり、その疲れがとれず慢性的な疲労になってくる

・風邪やインフルエンザなどの感染症にもかかりやすくなる

・病気やケガが治りにくくなり、さらに悪化させてしまうこともある

・肌荒れや朝の目覚めの悪さも免疫力低下のサインの可能性

 

 

当院では、患者様からゆっくりお話しを聞かせて頂きたく、予約優先制で受付しております。

身体のことでお悩みや質問等あれば、お気軽に電話でもかまいませんのでご連絡お待ちしております。

 

鍼灸整骨院 縁(えにし) スタッフ一同

 

 

お問い合わせはこちら

鍼灸整骨院 縁

〒564-0001 大阪府吹田市岸部北4-25-21

お問い合わせ電話番号は06-7503-4021

予約フォーム

トップへ戻る